瑞鳳殿

グーグル

瑞鳳殿(ずいほうでん)

瑞鳳殿 仙台 観光 1日乗車券 コブクロゆかりの地

伊達政宗公は、1567(永禄10)年米沢城に生まれました。
東北南部を中心に諸勢力を平定し、世に「独眼竜政宗」の異名
を轟かせました。

江戸時代になると、伊達62万石の藩祖とし
て、産業・経済・文化の振興をはかりました。瑞鳳殿は1636
(寛永13)年、70歳で生涯を閉じた政宗公の遺命により、そ
の翌年、ここ経ヶ峯に造営された霊屋(墓所)です。

桃山文化の遺風を伝える江戸時代初期の豪華絢爛な廟建築として、
1931(昭和6)年、国宝に指定されましたが、1945(昭和
20)年の戦災で惜しくも焼失しました。現在の建物は1979
(昭和54)年に再建されたものです。2001(平成13) 年に
は改修が行われ、柱には彫刻獅子頭を、屋根には竜頭瓦を復元
し、極彩色も再現することで創建当時の姿が甦りました。

スポンサーリンク
アマゾン
固定ページ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

感仙殿 (かんせんでん)

瑞鳳殿 感仙殿 仙台 観光 1日乗車券 コブクロゆかりの地

二代藩主伊達忠宗公(1599~1658)は政宗公の
治世を引き継ぎ、法治体制の確立を進め、新田開発や治
水、港湾の整備など産業・経済の振興をはかり領内の安定に尽力し、藩の基礎固めをなしとげました。忠宗公の霊屋である感仙殿は、

瑞鳳殿と同様、華麗なもので、1931(昭和6)年に国宝に指定されましたが、
1945(昭和20)年の戦災により焼失しました。戦後、瑞鳳殿に続
いて1985(昭和60)年に再建されました。2007(平成19)年に
は改修が行われ、彫刻獅子頭の復元が行われました。

善応殿(ぜんのうでん)

瑞鳳殿 善応殿 仙台 観光 1日乗車券 コブクロゆかりの地

三代藩主伊達 綱宗公(1640~1711)は幼い頃から芸術的な才能」にたけていました。

19歳から2年ほどの治世の後、故あって幕府から
逼塞隠居を命じられましたが、その後の生涯は書画・蒔絵などに天分を発揮し、優雅
な余生を送ったといわれています。

水墨画等は江戸期東北を代表する芸術作品として、今も高い評価を得ています。

綱宗公の霊屋である善応殿は、1945(昭和20)年の戦災で焼失し、1985(昭
和60)年に感仙殿と共に再建されました。再建に先立っての墓室
の調査では、香道具や文具類などその人柄を偲ばせる副葬品が多く発見されています。2007(平成19)年の改修により鮮やかな極彩色となりました。

バス1日乗車券

仙台の観光には、1日乗車券がお得です。

グーグル自動化
スポンサーリンク
アマゾン
固定ページ
スポンサーリンク
アマゾン
固定ページ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする