霧島神宮

グーグル

霧島神宮 御由緒

鹿児島 コブクロ ライブ 御朱印 御由緒 神社仏閣

当神宮は天祖天照大神の御神勅を畏み戴きて三種の神器(皇位の餓Y)を奉病
し、高千穂峯に天降りまして皇基を建て給うた肇国の祖神へ天孫瓊瓊杵尊を
お祀りしているお社です。

鹿児島 コブクロ ライブ 御朱印 御由緒 神社仏閣

旧記によると欽明天皇の御宇(西暦五四〇年)、はじ
め高千穂峯のほど近く脊門丘に社殿が建立されましたが、その後たびたび噴火
炎上し幾星霜を経て今から五百年前現在の社地へ御鎮座になりました。いまの
御社殿は島津家第二十一代藩主吉貴公が正徳五年(一、七一五年)に造営寄進さ
れたもので、絢爛たる朱塗りの本殿、拝殿、勅使殿等その配置はまさに輪奥の
美をなし、西の日光とも称せられています。

特に殿内は漆塗りで二十四孝の絵画、
龍 柱、床には鶯帳りが施されています。明治七年二月「霧島神宮」と社号改定、
官幣大社に列格仰せ出されました。

鹿児島 コブクロ ライブ 御朱印 御由緒 神社仏閣
畏くも昭和天皇におかせられては二度にわたる御親拝を賜っております。平
成元年五月国の重要文化財の指定を受け、海抜五○○米の此の地からは遙か
錦江湾、桜島、開聞岳の眺望が実に雄大であります。高千穂峯(標高一、五七四
米)頂上には神代の旧物,天の逆鉾、があり、中岳、新燃岳、韓国岳一帯はつつ
じ「みやま霧島」で有名です。

スポンサーリンク
アマゾン
固定ページ
スポンサーリンク