広島城天守閣 アクセス

グーグル

広島城

広島城

広島にもお城

わりと知られていないようです。

中にも入れてえ見学も可能ですので、

ぜひ、広島の観光のひとつとして取り入れたりですね。

Sponsored Links

スポンサーリンク
アマゾン
固定ページ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

広島城の歩み

広島城は、太田川河口の三角洲に、
毛利輝元が築いた典型的な平城です。

城地の選定と築城
毛利氏は、南北朝時代から郡山城(現広島県安芸高田市)を居城とする一領主でしたが、元就の代に中国地方の大半を支配する戦国大名に成長しました。後を継いだ孫の種
元は、豊臣秀吉の聚楽第・大坂城を見物し、城下町と一体化して政治・経済の中心地として機能する城郭の必要性を痛感しました。

こうして瀬戶内海に面する太田川河口の三角洲に城地を定め、天正十七年(一五八九)四月
十五日鍬入式を行いました。
毛利氏家紋一文受理

築城工事は穂田元清(元就の子)・二宮就辰(輝元側近)を
普請奉行として急ピッチで進められ、天正十八年末には堀
と城塁が一応完成し、翌年、輝元は入城を果たしました。

福島氏家紋离

城下の整備
慶長五年(一六○○)の関ヶ原の合戦後、輝元に代わって安芸・備後二ヶ国(現
在の広島県域)の領主として福島正則が入城し、外堀や外郭の整備を進め広島城下を完成させました。

また、広島城下を通るように西国街道(山陽道)を南下させたほか、出雲・石見街道を整備し、その沿道を中心に町人町の大幅な拡充を図りました。

しかし、洪水で破損した広島城の修築許可の不備をとがめられた正則は元和五年(一六一九)に芸備二ヶ国を没収され、代わって和歌山から浅野長晟が安芸一国・備後半国の領主として広島城に入りました。

以後、明治二年(一八六九)の
版籍奉還までのおおよそ二百五十年間、浅野氏が十二代にわたって広島城主を勤めました。

浅野氏家紋違鷹羽

明治以降の広島城
廃藩置県以後、城内には旧陸軍の施設
が徐々に設けられ、建造物は次第になくなりました。特に明治七年には、本丸・三
の丸で出火し、本丸御殿等も焼失し、大天守、中・裏御門、二の丸等を残すのみとなってしまいました。そして昭和二十年(一九四五)八月六日、原子爆弾により
天守閣をはじめ城内の建造物は全て壊滅しました。

現在の天守閣は、同三十三年(一九五八)に外観を復元して建造されたもので、内部は武家文化を中心に紹介する歴史博物館になっています。

食事ができうようなところはありませんが、

ちょっとした休憩場所があります。

アクセス

〒730-0011 広島市中区基町21番1号

広島市中央駐車場に停められ、広島城天守閣に入場された方は、30分の割引サービスが受けられます。

〇タクシーで約5分

〇徒歩約25分

グーグル自動化
スポンサーリンク
アマゾン
固定ページ
スポンサーリンク
アマゾン
固定ページ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする